[マインドセット]長いプロフィール | 自分らしい起業を実現する方法とは?幸せな起業家育成プロジェクト

経営コンサルタント 猪上素啓公式サイト 関西 大阪 神戸 戦略コンサルティング

ブログ

2013.02.10  カテゴリ: プロフィール タグ: , , ,

[マインドセット]長いプロフィール

ライフアップ 自由に仕事して、なりたい自分になるブログ
はじめまして
イカミモトヒロです。

もし、あなたが
このページにたどり着いたなら
何かのご縁かもしれません・・・

ありがとうございます。

この時間を無駄にしないように
また、少しでも興味を持っていただけるように
プロフィールを書かせて頂きます。

できれば、、、
お付き合いくださいね♪
・・・
某美術大学を卒業して
目的が無かった・・・

しかし、すぐに就職するのは、
なんとなく、つまらないと感じていた。

とても退屈だったので
学生時代からのバンドを続けて
時給だけが魅力のアルバイトで生計を立てていた。

そんな時、
たまたま知り合った一人のおじさん
ヒッピー風のおじさんから、
焼き芋屋の存在を教わった・・・

その焼き芋をを売る世界は、
あてもなくアルバイトしているより
とてもとても・・・
魅力的に
見えたのだった。

何故かというと
焼き芋屋
3つの魅力があった

・働く場所が自由
・働く時間が自由
・ちゃんとやれば儲かる

とりあえずお試しで
アルバイトで3ヶ月やってみた

”これは自分のペースでできる”
”結構儲かるかもしれない!?”

と即決して軽トラックを購入した。
そして鉄板工場で焼き釜を作ってもらって
軽トラの荷台に設置♬
それから旅に出た。

モデルはフーテンの寅さん。
日本全国を回わり、
うまいものを食べる、
友人を作る、
マドンナと知り合う・・・

そんなイメージを持って
日本を回わりはじめた・・・

やってみると商売が
おもしろくて、おもしろくて、、、
いかに短時間で売って
各地で遊ぶかにはまっていった。

マドンナの方は
勇気がなくてだめだったけど・・・
旅を続けていった。

東京の友達に部屋をシェアしてもらって、
各地各方面に出かけて焼き芋を販売していった。

結果的に
静岡
山梨
長野

そんな所で焼き芋はよく売れた。
なんでその辺あたりなのか、、、

理由は、
焼き芋屋自体がいないから・・・
すなわち競合がいないので
行けば初物で飛ぶように売れた。

そんなこんなで
沼津のおばあさんの
話し相手になったりしていると
養子に来ないか?

とか言われたりして、、、
各地にリピータを増えていった。
今思えば、

その頃は”感”で動いていたけど
なんとなくお客さんに

各地の焼き芋状況を聞いたりして
自然にリサーチや
マーケティングやっていたように思う。

そうこうしていると、
映像作家の友人が、
”焼き芋ロック”という
ドキュメンタリー映画を作成してくれた。

それが、なんと!?
東京ビデオフェスティバルで入賞!
一気にブレイク!?
しなかったけど・・・

いい感じでなかなか楽しく過ごしていたけど
二つの事件が同時に起きた。

1つは、軽トラが急に壊れた事、
20Km以上でなくなって、
しまいに山の中で動かなくなった。

どうも酷使しすぎていたみたい。。。
そしてすぐに
阪神大震災。

関西の家に
一旦帰らねば、、、
と思い、車は廃車して
西宮の実家に戻ってきた。

そうして焦って帰ってみたものの
むしろ邪魔なようで、、、
家族と友人の無事を確認してからは
崩れた建物の廃品作業の仕事を手伝っていた。

ちょっと、その仕事を
やっていたのだけど

その時よく行っていたBARのマスターが、
自分の奥さんが
子供を産んで
すぐ、逃げられたと・・・

そんな、報告があり
子育てしなあかんので
1年間、店をみて欲しいと
打診された。

面白そうなので即答!
BARを期間限定で経営してみた。
自分好みの店にして、
好きな音楽を流して、
楽しく儲けることができた。

かなりハードだったけどね♬
面白かったので
一年間で休みなく働いた。

1年の契約期間が終わり
ある程度のお金と時間があったので

日本以外もいろいろ見てみたいと思い、
バックパッカーとして
海外に行き始めた・・・
タイ・ネパール・インドあたりを
2年間のんびりと回った。

その中でも
タイの離島のビーチが最高だった・・・
パンガン島、最高!
述べ半年ぐらいいたかもしれない。

ゴキゲンな時間を過ごし
日本に帰ってきた。
やること無いので
のんびりしていると・・・

学生時代、絵を習っていたおじさんが
画廊喫茶を作る事になり
バイトすることになった。
そこは給料がかなり
安くて生活は大変だったけど

のんびりした仕事
だったので本をよく読んだ。
その後、そんな感じで
飲食業の仕事が続き・・・
このままこういう業界で
自営でもはじめようかな
と思った矢先、、、

ウィンドウズ98が発売され
インターネットと出会った。

そもそも大学で
美術・デザインを
専攻していたので
WEBデザインが興味深くて、
見よう見まねで、知り合いの
ホームページを作成していた。

そうこうしていたら・・・
知り合いに働きにこないか?
と誘われて・・・

ある会社にアルバイトに入社し
WEBデザイナーとなった。
初めての会社勤めで、
感覚が違ってハードだった。

その頃は
ITバブルと足並みが揃っていたので
その会社が急カーブで成長し、
どんどん人が入ってきた。

そうして30歳で、
初めてサラリーマンになった。
様々なクライアントのWEB制作に携わり、
ポジションもディレクターになり

気がつけば部下も増え、
会社もヘラクレスに上場し
人生が変化していった・・・

マーケティングを主体とした
急成長企業の中にいるのが刺激的だった。
クライアントも大企業になって
大きなプロジェクトを動かせるようになっていた。

と・・・・

調子良く行っていると思ったら、、、
その会社が急に民事再生になった。
すなわち働くところが無くなった・・・

ちょっとしたバランスで、
もろく企業は潰れる。
そんな危うさを経験できて
ラッキーだったと思っている。

そうして直属の上司が起業し、
そのままついていく事にした。

新しい会社のポジションは営業。
日本各地に地域情報ポータルを販売する仕事だった。
また日本各地に営業に出かけていく。

そんな事をやりながらも
前々から商売が好きだったので
自分でショッピングサイトをやってみたいと考えていた。

 

思い切って初めての転職。
老舗のEC会社に入った。
今までとは違う業務フローを体験させてもらった。

しかし、
いい加減自分でやろう
焼き芋屋さんの頃の自分に戻ろう・・・
自由に仕事がしたい♬

そんな事を、
常日頃思慮しており
独立して仕事がしたいと準備するようになった。

その時は既に
奥さんと子供も二人いたので
皆をちゃんと食わさないといけない・・・

しかし、サラリーマンの不自由さから
開放されたい・・・
怖かった・・・
そんなジレンマで
ちょっとしたノイローゼだったかもしれない・・・

そんな矢先、前々から
お世話になっていた
転職エージェントから
ある出版会社を教えてもらった。

日本一のマーケテイング集団
そんなフレーズを初めて聞いた・・・
俄然興味を持ち、
アプローチした。
面接の時、
正直に言ってみた

後三年以内に独立したい・・・
”なぜ今しないのですか?”
”今しない理由があるのですか?”

そう・・・
その言葉で、
ひょうたんから
駒みたいな形で起業した。

今ではチームの一員として
マーケティング
コピーライティング
マインドセット

この3つをツールを駆使して
刺激的なプロジェクトを動かさせてもらっている。
本当に周りには
尊敬できる人がたくさんいる。

今までだと、
絶対知り合えないような人とも
仕事をさせて頂いている。
今の仕事が一番面白い。

今の自分のスタンスが最高だと思っている。
本当に感謝している。

もっと楽しく自由にビジネスを拡大していきます。
そんな僕ですが

どうぞお付き合い
よろしくお願いします。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

イカミモトヒロ


イカミモトヒロ公式無料メルマガ購読

私らしいサービスを作る魔法の地図はこちら

  • お問い合わせ 050-3708-7283
  • facebookページ「ライフアップ イカミモトヒロ」

カテゴリ一覧


PageTop