[経営・断捨離]経営者の仕事 | 自分らしい起業を実現する方法とは?幸せな起業家育成プロジェクト

経営コンサルタント 猪上素啓公式サイト 関西 大阪 神戸 戦略コンサルティング

ブログ

2013.10.28  カテゴリ: ビジネスモデルデザイン タグ: , , , ,

[経営・断捨離]経営者の仕事

イカミモトヒロです。
阪神西宮周辺で見つけたジャズ喫茶にて、、

本日のテーマは

経営者の仕事

このブログ記事は
スモールビジネスをしている経営者の
あなたへ向かって毎日書いているのですが

あなたにとって経営者の仕事とは何でしょうか?

勿論、答えは、”経営”なのですが、
その”経営”をどのように捉えているのか?

ここが曖昧な人が非常に多いです。

毎日、頑張っているのに、
全然会社が発展しないとか、

売上がそこそこ上がってきているのに
現状維持で会社が大きくならないとか、

そういう時は、だいたい経営者の
”経営観”がずれているのです。

経営者というのは、本来は1日も早く
商売から抜け出さないといけない存在です。

何時までも一線で営業している場合では無いのです。

組織化を行い、経営者が自ら商売に関わらなくても
会社が、うまく回転していく仕組みを作り出すことが仕事なのです。

経営者の仕事とは、

先のことを見据えて、
どういう風に舵取りをしていけば会社が
もっと発展し稼げるようになるのか?

を考えることなのです。

それが経営者が行うべき”経営”なのです。

例えば、これまで上手くいっていた施策が上手く行かなくなった時、
あなたはこれまで以上に頑張ろうとしますか?

もし、あなたの答えがYESならば
残念ながらその会社は長続きしないかもしれません。

理想的な経営であれば

上手く行かなくなった時、頑張らずに
あっさりと今までのやり方を手放して、

どうすればいいのか考えて、
新しいやり方に方向転換していくことです。

というのは、上手く行かなくなったのであれば
今までのやり方では通用しなくなっているということだからです。

それなのに、その状況を無視して、
何とか根性でやろうとしているのは、
急カーブでアクセルを全開にして突入しているようなものです。
いくら頑張っても曲がれる速度は決まっているのです。

いつ何があっても、運転できるスピード感がある
理想的な速度を保ちながら自由にハンドルを切って

理想的な上昇カーヴを描くビジネス展開を目指しませんか?

それには、今までのやり方に固執せずに
手放して、新しい道を作っていきましょう。

もし、それが怖いのであれば
あなたは経営ができない人なのかもしれません。

本日も最後までお読み頂きまして有難うございました。

イカミモトヒロ

PS
手放すのが怖い経営者の方々は例に漏れずしんどそうです。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
ランキングに参加しています。
クリックお願いします。


イカミモトヒロ公式無料メルマガ購読

私らしいサービスを作る魔法の地図はこちら

  • お問い合わせ 050-3708-7283
  • facebookページ「ライフアップ イカミモトヒロ」

カテゴリ一覧


PageTop