気合と根性の泣ける話【時間管理】 | 自分らしい起業を実現する方法とは?幸せな起業家育成プロジェクト

経営コンサルタント 猪上素啓公式サイト 関西 大阪 神戸 戦略コンサルティング

ブログ

2013.12.20  カテゴリ: ブログ タグ: , ,

気合と根性の泣ける話【時間管理】

鹿

おはようございます。

年末といえば断捨離。
断捨離眼が発動中の
イカミモトヒロです

サラリーマンの頃を思い出すと、、
こんな現象なかったですか?

”徹夜?”
”根性?”
”気合?”

もしあなたの周りに
そんなこと言ってる人がいるのであれば
すぐに離れたほうがいいのかもしれません・・

何故なら、僕がサラリーマンをやっている時、
そんなことばっかり言っている先輩がいたのでした。

”根性人”

そんな彼はいつも
周りの期待に答えようと
頑張って仕事をするのです。

それはサラリーマンとして
働く以上、当たり前の話なのですが

彼の頑張り方の美学があるのです。

やたら遅くまで会社に残ったり
無意味に会社に泊まったりして

今から思うと、かなり、、

”わがまま”

なのです。

彼なりの価値観での

”仕事やってます”

アピールが凄いのです。

しかし彼の昼間の行動を見ていると
別に徹夜するほどの仕事量を
やっているわけでは無いのです。

昼間の時間を効率的に使ったら
別に徹夜するほどでも無いのです。

”夜のほうが集中できる”

そんな自己都合の理由から
彼は勝手に徹夜するのでした。

そんな彼の後輩たちは、
先輩の仕事の仕方が正しいと
思ってしまいます。

遅くまでオフィスにいるとか、、
早く帰ると何か言われそうとか、、
徹夜するとか、、

そんな、

”遅くまで頑張って仕事する至上主義”

こんな価値観が形成されていくのです。

そして、社長がのんびりナイターで観ている時にも
彼らはオフィスで仕事するのです。

少しだけならいいのかもしれません。

しかし、あなたが経営者なら
もう少し長いスパンで見てみませんか?

徹夜チームは本当に効率的ですか?

そして彼らの人生は楽しそうですか?

彼らは自分たちの
目先の価値観で動いているのです。

効率じゃなくて自分のエゴなのです。

今できる事を先延ばしに
しようとするから夜になってしまうのです。

そしてマイナスサイクルになっていくのです。

そんな彼の後輩の何人かは何時か気がつくのです。

あれ!?このままいくと俺の人生ってヤバイくない?

そうして、転職していきます。

そんな時、徹夜くんは

”あいつは根性がない”

一刀両断するのです。

これは何が正しいとかいう話ではなくて

仕事の価値観の話です。

経営者として

徹夜くんが必要であれば雇えばいいし、
根性論の雰囲気も否定するつもりもないです。

チームが気持よく仕事してくれるのが一番いいですよね。

以上、どんな人とチームを組むのか
非常に大事ですねという話でした。


おわり。。。


ここから先は余談です。
最近こんな現象をよく聞きます。

徹夜くん達は40歳を超えると、
かなりの確率で成人病になっているのです。

そういえば、いつも顔色が悪かったような。。。

お気をつけ下さい。



本日も宜しくお願いします。

イカミモトヒロ


※今日の記事を気に入ったという場合には
是非シェアしていただけると大変嬉しく思います!!

※友達申請&フォローも大歓迎です!!

★FBページ
www.facebook.com/lifeuplibertyblog

※毎日、公式サイトに熱心な問い合わせを
頂きましてありがとうございます。

少しお返事に時間がかかることがあるかもしれません。
ご了承下さいませ。

お問い合せはコチラから

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
ランキングに参加しています。
クリックお願いします。


イカミモトヒロ公式無料メルマガ購読

私らしいサービスを作る魔法の地図はこちら

  • お問い合わせ 050-3708-7283
  • facebookページ「ライフアップ イカミモトヒロ」

カテゴリ一覧


PageTop